先輩インタビュー未経験 × 訪問看護

「ここで訪問看護デビューがしたい」
と思わせてくれた職場です

正社員フルタイム

安村 舞2017年入社 / 看護師

気さくな社風と手厚い研修が
未経験の背中を押してくれた

学生時代に訪問看護実習で感銘を受けて以来、在宅医療に携わりたいと考えていました。総合病院の病棟とデイサービスで看護師としてのキャリアを積んだ後に、メディケア・リハビリに入社して訪問看護師としてデビューしました。

メディケア・リハビリの第一印象は、「気さくであたたかい会社」。採用面接の際、予定より早く到着してしまった私に気づいたスタッフの方が「暑いでしょ? 中に入って待っててね」と快く招き入れてくれ、面接中も和気あいあいとした雰囲気でいろいろと質問しやすかったことを覚えています。面接中に先輩スタッフが言った「わからないことがあっても聞きやすく、みんなが仕事の手を止めて話を聞いてくれる職場」という言葉が入社の決め手になりました。

実際に入社してみると、和やかな社風はもちろん、6日間にわたる座学や先輩の訪問に同行するなどの新人研修が充実していたおかげで、訪問看護が未経験だった私でも無理なく仕事になじんでいくことができました。

訪問看護の魅力は
「その人らしさ」に寄り添えること

総合病院の病棟勤務では複数の患者さんを同時に担当するため、ケアや会話がナースコールに遮られてしまい心苦しい思いをすることがよくありました。しかし訪問看護では目の前にいるご利用者だけに向き合えるため、しっかりとコミュニケーションをとりながらケアを行うことができます。

その分、マニュアル通りの看護ではなく、一人ひとりの生活環境に合わせた臨機応変さが必要になります。私たちの関わり方次第で症状が緩和されたり、ご利用者やご家族が笑顔になってくださったりするのを目のあたりにしたとき、大きなやりがいを感じます。

人の健康を支える看護師にはもちろん高い技術は必要ですが、訪問看護の現場ではそれと同じくらいに心配りが大切だと実感しています。まずは簡単なことですが、私たちの訪問がご利用者にとって前向きで楽しい時間になるよう、常に笑顔でいることを心がけています。

聞きやすく、話しやすい
看護と療法の連携が強み

仕事をする上で、社内コミュニケーションの良さにはいつも助けられています。というのも、私が以前勤めていた総合病院では看護師と療法士の部屋が別だったので、自分が担当する患者さんがどのようなリハビリをしているのかという情報共有をタイムリーに行うことが難しかったです。

しかし、メディケア・リハビリの看護ステーションには療法士が多く在籍しているため、わざわざミーティングを設けなくても、訪問を終えて事務所に戻ってくれば、「どうだった?」と声をかけてもらえて、自然と会話が生まれます。ひとりのご利用者に対して、看護とリハビリの両方の視点でアプローチすることができ、何か課題があるときには看護師と療法士が一緒に考えることができるのは、メディケア・リハビリならでは強みだと思います。また、外出中でも会社支給のスマートフォンで他のスタッフに相談や質問をすることもできます。みんなメールの返信が早く的確なのでこまめにやりとりすることができ、不安なく働けています。

私が所属している「メディケア・リハビリ訪問看護ステーション大東」は看護師、療法士、事務スタッフ含めて約25名。みんなとてもフレンドリーで、プライベートでも食事やランニング、キャンプに行ったりと、仲が良い職場です。最初は、慣れない土地での訪問看護が自分に務まるか不安もありましたが、社内サポートがしっかりしているので、訪問看護未経験の方でも安心して働けると思います。一緒に訪問業務を楽しみましょう!

1日のスケジュール

6:00
7:00 起床。
8:00 朝食を済ませてから、車で訪問先へ直行。
9:00 訪問1件目(90分間)。
10:00
11:00 事務所に出勤し、書類作成の合間に看護師や療法士と情報交換。
12:00 昼食。スタッフ同士でおしゃべりしながらお弁当を食べています。
13:00 書類作成、午後の訪問準備。
14:00 訪問2件目(60分間)。
15:30

療法士のご利用者のアセスメント(1件)。

16:00
17:00 訪問3件目(60分間)。
18:00 直帰。
19:00 事務所の仲間と趣味のランニングへ。
20:00 みんなで銭湯や夕食へ。
21:00 帰宅。
22:00 就寝。
23:00
24:00

採用情報TOPへ