訪看の日常 -大阪住吉編-

大阪市住吉区にある弊社事業所「メディケア・リハビリ訪問看護ステーション大阪住吉」を所長の徳永さんに取材してきてもらいました。

訪問看護ステーションの日常ってどんなものなのでしょうか?

去る平成30年4月1日、「メディケア・リハビリ訪問看護ステーション サテライト大阪住吉」は24時間看護師緊急訪問体制の整った事業所として、新たに大阪市から指定を受けました! 名付けて「メディケア・リハビリ訪問看護ステーション大阪住吉」です。
3年越しの悲願達成です(涙)

看護師5名、理学療法士4名、作業療法士4名、言語聴覚士3名、事務員2名、そこに併設している「ケアプランセンター メディケア・リハビリ大阪住吉」のケアマネジャー2名を含めて総勢19名で地域の皆様のお役に立てるよう、頑張っております!

事業所は長居公園近く、閑静な住宅街にあります。

出勤風景です。

 

朝の申し送り。看護師たちが本日訪問予定のご利用者の状態を共有します。

 

何やら緊急案件が入った模様です。訪問予定表を前に緊急ミーティング。
傍らでは事務職員が外部からの対応に“てんやわんや”です。

看護師たちは、医療ニーズの高いご利用者の安心と安全を保障するため、医師との連携を密に取りつつ奔走し…。
療法士たちは、リハビリテーション視点から、ご利用者がより良い暮らしができるお手伝いに奔走し…。
ケアマネジャーは、ご利用者とご家族の気持ちを汲んだケアプランを作り、多岐に渡る相談に応えるために奔走し…。
忙しい、忙しい。
いや、待て。「忙しい」のは、我々の勝手。我々の力量不足。
こんなコトバが出ないように、これからもチーム一丸となって地域貢献します!
看護・リハビリ・ケアプランのワンストップサービスなら「メディケア・リハビリ訪問看護ステーション大阪住吉」と「ケアプランセンター メディケア・リハビリ大阪住吉」にお任せください!

 

仕事がひと段落したのでみんなでごはんへ行ってきました。
大阪住吉はスタッフみんなでわいわいやってます(*^_^*)

以上、メディケア・リハビリ訪問看護ステーション大阪住吉の「ある日」でした。
事業所や地域によってそれぞれ特徴や雰囲気が違っていて面白いですね。
次回はまた別の事業所の「日常」をお届けする予定です。お楽しみに!

一覧へもどる