メッセージ

1988年(昭和63年)4月に「自分たちが歳をとった時に入りたくなるような理想的なホームを作ろう」と立ち上げた「ケアホーム羽曳が丘」が、ハートケアグループの夢の出発点でした。お蔭様で、2018年にはハートケアグループ創立30周年を迎えることとなり、大変喜ばしく思っております。

地域に密着した「在宅生活をトータルに支える」民間の介護サービス会社として、600名を超える職員が、支援を必要としている方々に「快適をご利用者に 安心をご家族に」の心と技術でサービスをご提供させて頂いております。

住み慣れた土地で、いつもどおりの普通の生活をできるだけ永く続けていけるように、笑顔で活き活きと尊厳を持って生活して頂けるように、皆様のお役に立てる事業所をめざし、今後も精進して参ります。

暖かいご支援とご指導の程、何卒宜しくお願い致します。

ハートケアグループ 代表 松下 起士